白内障|大橋眼科|大阪メトロ四ツ橋線「北加賀屋」駅・眼科

〒559-0017
大阪府大阪市住之江区中加賀屋2丁目4番1号
06-6685-0084
ヘッダー画像

白内障

白内障|大橋眼科|大阪メトロ四ツ橋線「北加賀屋」駅・眼科

白内障

白内障とは、目をカメラで例えるとレンズにあたる水晶体が白く濁った状態です。原因は加齢によるものが大半ですが、他にも先天性や外傷、アトピー、糖尿病、薬剤や放射線が原因となる白内障もあります。白内障が進行すると視界が全体的にかすむ、視力が低下する、日差しや夜の車のライトをまぶしく感じる、光が滲んで見えるなどの症状が出てきます。

白内障の治療

白内障の治療は基本的に手術加療となります。ただし、病状初期の場合や、諸事情により手術ができない場合には、点眼で進行を抑える治療もあります。白内障の手術時期について決まりはありませんが、実際に患者様ご自身が日常生活に不自由をお感じになられたタイミングが手術の時期ということになります。

白内障手術

白内障の手術は黒目の上を2から3ミリ切開し、超音波で濁った水晶体を破砕、吸引したのちに同じ傷口から直径6から7ミリの眼内レンズを挿入します。手術自体は目薬の麻酔で痛みはほぼ感じず、通常5分から10分程度で終了しますが、白内障が極度に進行している場合や水晶体の支えが弱い場合など患者様の状態によって手術時間が伸びる場合もあります。眼内レンズには単焦点と多焦点レンズがあり、患者様の生活様式や希望によって選択します。当院の手術は日帰り手術のみで、入院手術は行っておりません。家庭の事情やお体の事情で入院手術をご希望の場合は入院設備のある連携病院に紹介させていただくことも可能ですのでご相談ください。

TOP